ホルモン安定や免疫力アップに重要なコト|バイバイ更年期の悩み

看護師

更年期障害の原因

更年期障害の主な原因

案内

更年期障害はホルモンバランスの乱れによるものとされていますが、副腎の疲労が原因で悪化してしまうことがほとんどです。副腎はストレスを解消させてくれる役割を担っている臓器でもあります。ストレスが溜まりすぎますと副腎が疲労してしまい、うまくストレスを発散することが出来なくなってしまうのです。したがって副腎の働きをよくする漢方などを服用することによって、ストレスの蓄積を緩和させることもできます。その結果、交感神経と副交感神経のスイッチの切り替えがうまく機能しますから副腎の機能を回復させることが出来るのです。そして更年期障害の症状も緩和させる効果もありますし、副腎の回復が更年期障害の治療法にもなります。

休養が必要

無理な治療は逆効果になってしまうこともあります。更年期障害を治療するためには焦りは禁物なのです。そして一番効果的な治療法と言われているのが休養です。身体と心を休めることによって更年期障害の症状を一時的に緩和させることが出来ます。薬を処方してもらって治療に専念することも大切かもしれませんが、なかなか症状が良くならないことで逆にストレスになってしまうこともあるでしょう。そういった余計なストレスを溜めないためにもゆっくりと心身ともに休めることが大切なのです。出来るだけリラックス神経を高めるためにもマッサージや整体などを受けて筋肉をほぐすことも実は更年期障害の有効な治療法にもなると言われているので試してみる価値はあるでしょう。